日刊youtube音楽 Vol.15
(Prisoner Of Love - 宇多田ヒカル)

さて、前回まで3回に渡って
安室奈美恵の『60s 70s 80s』を ご紹介しましたが
安室奈美恵を紹介したからには
次は宇多田ヒカルでしょう。
1990年代の歌姫が安室奈美恵ならば
2000年代の歌姫は、やはり宇多田ヒカルでしょう。
宇多田ヒカルがデビューアルバムでドカーンと大ヒット飛ばして
脚光を浴びたときには
デビューアルバムが、あまりにも売れたんで
しりつぼみか一発屋で終わるんじゃないかと
予想してましたが
大ハズレでした。
特に、最近は、宇多田ヒカルの第二の全盛期と言われるぐらい
コンスタントに安定してヒット曲を出してますね。
この「Prisoner Of Love」はドラマ「ラスト・フレンズ」の
主題歌で
ドラマ自体、うーん、いまのところ、いまいち・・・・・
性同一障害、同性愛?、DVという重いテーマという面も
あるのかもしれませんが、
なんだか、
日本のドラマ特有の煮え切らなさのせいか
日本のドラマ特有?の不自然さのせいか
役者人のありきたりの演技、演技力のせいか
ドラマに引き込まれません。
1回目観たので、とりあえず惰性で観てるという感じです。
でも宇多田ヒカルの主題歌「Prisoner Of Love」は良いです。
この曲が流れたシーンだけは引き込まれます。